2008年5月18日日曜日

松岡亮 大阪展示会


大阪の大道旧山本家にて開催された、松岡亮の展示会。

2008年5月3日〜11日まで開催されました。

今回は私は行けなかったのですが、早速松岡さんのホームページで紹介されていたので
ご紹介致します。

http//www.ryoart.com/ryo-paint-yamamotoke08.html

松岡さんと私の出会いは1年半前、私が勤める会社の社長が経営している、西麻布にある
calm & punk galleryにて、その会社の書き初め大会を開催した時。
その時、私は上海から書道の達人を招待したので、そのアテンドやらで忙しく
実は全く覚えていなかったのですが、その時らしいです。
出会いに関しては今だに、松岡さんにはちくっと嫌み言われます(笑)

そんなに親しくない頃、私が会社のキャンプのオーガナイズをしなければ
ならない局面に立たされていた時、参加の意志を聞いたら是非に、とのことだったので、
私的にはそのタイミングが改めて関わりを持った「きっかけ」となりました。

とにかく、彼の豪快な中に見え隠れする繊細な心情を表現した作品に魅了され、事あるごとに人に紹介し、応援し、食べたり、飲んだり、家にいったり、松岡さんの仲間に会いに行ったり。

私は、この人だって思ったら、とことんのめり込むタイプなので、
この1年半の間で松岡ワールド、満喫致しました(もちろん、これからもですが)。
唯一会っていないのが、松岡さんの家族。
松岡さんの奥さんと子供、今年は絶対に会いに行きたいです。

彼の作品のすごいところは、豪快と繊細が同居しているところです。
殆ど彼の作品は豪快のほうが表面的には見えますが、旅行記なんかをみていると
彼の心の動きが、繊細に動いている事が感じられる一連の作品があり、
なかなかつかみどころのない作品の流れによる躍動感に、心が奪われます。

松岡さんの一番の魅力は、ライブペインティングの時に感じられます。

吐く息が感じられるのです。

彼といつか、中国で企画展を開催したいと思っています。

 



1 件のコメント:

yuka さんのコメント...

テストです。